クリスマスの飾りつけをしました

実は日本でもとっても古いクリスマス

ハロウィンというと、なんだかいまひとつわからずにやっている部分がありますよね。
それに比べて、クリスマスというのは、かなり根付いたものといえるでしょう。
いわれは別にしても、楽しい日になることは間違いありません。

本当の意味のクリスマスは、キリストの誕生をお祝いする日です。
日本人はキリスト教に疎いため、あまり気にしている人は少ないのかもしれません。
非常に厳粛に行われている日ではないため、あまり気にすることがないともいえます。

実は日本での歴史も古く、文献的に残っているのは、1552年ですからまだ戦国時代です。
この時代にカトリック教会が山口県でクリスマスをしたことが残っています。
ですが、宗教弾圧もあって、明治の初めになるまでは、ほとんど行われることはありませんでした。

ところが、明治に入って明治屋という会社が銀座に出店。
そこからクリスマス商戦を広げていったといわれています。

昭和初期あたりからだいだい的におこなわれるようにはなりましたが、やっぱり戦後のほうが華やかであることは間違いありません。
街は電飾で飾られるようになり、いつしかキリスト教の重要な日ということから、年中行事の一つとして浸透したといっていいでしょう。

クリスマスの飾りつけもしてみました

Café dogwood~ハナミズキ~でも、クリスマスの飾りつけをしてみました。
愛犬たちにはよくわからない日になってしまうかもしれませんが、どこか華やかなほうがぴったり合うじゃないですか。
しんみりとしたクリスマスというのも寂しい感じがしますし。

飾りつけも豪華にして、お店も華やかにしてみると、クリスマスってなんだかよくわからなくてもいい日だなって思います。
寒いさなかに、きれいな飾りつけを見るだけでも、心のどこかにほっとする時間が流れるのはなぜなんでしょう。
私もキリスト教徒ではないので、あまり関係のない日なのかもしれませんが、日本人の心のどこかには、クリスマスというものが刷り込まれているのかもしれないですね。

特別なクリスマスの思い出に

クリスマスは、飾りつけだけじゃありません。
お料理も特別なものをご用意しております。
愛犬と楽しい時間を過ごすということもできますし、ちっちゃなお祝いを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

愛犬たちのものだけではなく、飼い主さんも楽しめるケーキやお料理も作っています。
年中行事の一つとして、みんなで楽しむことができるようにちょっとしたイベントも考えていますので、お気軽にお越しください。
きっと、特別なクリスマスの思い出を作ることができると思いますよ。

必要であれば、写真なんかも取ったりしますので、お気軽にお声がけくださいね。

PAGE TOP