ハロウィンがやってくる!

いつの間にやら行事になったハロウィン

いつの間にか、気がついたらハロウィンって定着しましたよね。
東京では一大イベントになってきているところもあって、その日だけの大騒ぎが繰り広げられています。
どこかが仕掛けたのかもしれませんが、あまりの大騒ぎにニュースになったりするほどです。

でも、ハロウィンっていったいなんだろって人も多くないですか?
日本にもともとあるお祭りでもなく、本当は仮想パーティでもないんです。
どっからか、日本人が勘違いしちゃった感じだったりします。

本当は日本の大みそか?

ハロウィンの起源は、古代ケルト人のお祭りです。
10月の末という時期はちょうど冬の始まりにあたり、この日には亡くなった人が家族のもとへ帰ってくると信じられていました。
そんなときに、害を与えるような精霊や魔女も出てくるため、仮面をかぶって火をたいたのが始まりなのです。

仮装をするというのは、この時点ではどこにもなかったのですが、子供たちが仮装をして近くの家を周り、トリックオアトリートとまわります。
お菓子くれるかいたずらかどっちがいい?と聞いているわけですが、これが仮装になっているわけです。
おかしいなと思った人は正解ですが、大人は仮装なんかしません。

さらにカトリック教会の諸聖人の日がハロウィンと重なります。
キリスト教とは縁遠い日本人からすると、さらに関係のないお祭りともいえるでしょう。

本当は、この日は日本でいうところの大みそかなんです。
ケルト人たちは、10月31日で一年が終わると考えていました。
そうです、ここで夏が終わり、つらくて厳しい冬がやってくるため、一年にお別れする日といえるのです。

日本人がハロウィンぐらい騒いでいいだろと思っていることとは、縁もゆかりもないということがわかっていただけたでしょうか。

そんなハロウィンも、本家のケルト人の末裔ともいわれるスコットランドでは行われていたりしますが、イングランド南部などではもう廃れてしまっています。
いろいろと歴史にかかわる部分で、簡単に言い表すことはできませんが、難しい部分も見え隠れするのです。

でも、アメリカでは意外と奥のところで行われています。
社会的にも宗教的にもあまり関係はなく、行事として受け入れてしまうのはアメリカという国のふところの深さ何でしょうね。

愛犬グッズや愛猫グッズで楽しんでみるのも

でも、せっかくですので、ちょっと飾りつけをしてみたり、子供たちや愛犬に仮装をさせたりするのは、楽しいところじゃないですか。
いろいろなグッズも販売されていますので、存分に楽しむこともできます。

愛犬用や愛猫用のグッズも実はたくさんあって、かわいく仮装させることができるんです。
そんな格好をさせて散歩に行ったりすれば、楽しいハロウィンにできること間違いありませんよ。

PAGE TOP