バレンタインデーの季節ですね♪

気がついたらもうバレンタイン

年明けから気がついたらもうバレンタインが来ちゃいますね。
もう準備は済んでいますか?

贈る側から考えると、楽しい時と苦痛の時がありますよね。
義理チョコをいっぱい作るとなれば、やっぱり苦痛ですから買ってきちゃうことでしょう。
本命はやっぱり手作りと行きたいところですが、チョコレートって難しいですから。

Café dogwood~ハナミズキ~でも、バレンタインデーの飾りつけをしてみました。
クリスマスや新年ほどではありませんが、なんだか楽しくなってしまいます。
そんな気分にさせるのが、バレンタインデーでもあると思うんですよ。

犬にはチョコレート中毒があることに注意を

Café dogwood~ハナミズキ~としても、チョコレートを作りました。
人間用と愛犬用の2種類をご用意しております。

よく知られたことですが、犬にはチョコレートは危険です。
間違って食べちゃったりしたら、かなりの大ごとになってしまう可能性があります。
どうなるかというと、中毒を起こしてしまう可能性があるのです。

一般的にはチョコレート中毒と呼ばれています。
大量に摂取すると、嘔吐や下痢だけではなく、発熱や不整脈、運動失調を伴う筋肉のけいれんを起こし始めたりするのです。
非常に危険な症状で、あまりにひどい場合には命にかかわってくる可能性すらあります。

なんでこんな中毒を起こすのかというと、カカオに含まれているテオブロミンと呼ばれる成分が、犬にとって有害なのです。
1kgあたり250mg以上摂取すると、50%の確率で死亡するといわれるほどになります。
とても危険なことになるため、絶対に食べさせてはいけないといっていいでしょう。

対処法としては、強制的に吐かせてしまうのが一番です。
なかなかうまくいかないかもしれませんが、舌の上に食塩を乗せてしまうのが簡単でしょう。
スプーン何杯かを飲ませてしまうことで、大量の水分を取らせ吐かせてしまう方法です。

もう一つが、オキシドールを飲ませる方法ですが、量のコントロールが難しい問題があります。
ですが、一番確実なのは、すぐに獣医に見せて対処する方法です。

安全な犬専用チョコレート

Café dogwood~ハナミズキ~の場合には、普段からこうした食材に気を付けています。
バレンタインデーの人間用のチョコレートだけは使っていますが、犬用のほうはココアを使っていません。
だから中毒の心配をすることなく上げることができるのです。

せっかくのバレンタインデーですから、愛犬にあげたいという人もいるでしょう。
そんなときには、Café dogwood~ハナミズキ~で購入してもらったり、安全が確認できているものを上げたりするようにしてくださいね。
人間と違って、具合が悪いことを直接伝えることができないのですから、気を付けて上げることが大切なのです。

PAGE TOP