わんちゃんの便秘対策

犬の便秘をするのです

犬も人間と同様に便秘になってしまいます。
腸内にウンチが溜まってしまい、排出されない状態の事を便秘というのですが、人間よりも腸が短いと言う事もあり、同じように考えているのはとても危険です。

犬の便秘の症状は、丸一日程度でしたらウンチが出ないような事も、環境の変化であったり食べた物との愛称などによってウンチが出ない可能性がありますが、二日間ウンチが出ないような場合には間違いなく深刻な便秘であると言えます。
特に朝と晩で散歩する人間が違っているような場合には、しっかりとした連絡をするようにし、場合によっては排便人気などを付けるような事も必要になります。

また日常的に犬に触れる機会を持つことも重要になります。
抱っこや撫でてあげながらお腹を触ってみた時に左の下腹部がゴツゴツしているような場合には、ウンチが溜まっていて便秘になっている可能性がありますので注意が必要になります。

犬が便秘になる原因

犬が便秘になる原因は複数あります。
新しい家に来たり、他の犬との同居が始まったり、トイレを失敗して強めに怒られてしまったりなどほんの些細な事で犬は便秘になってしまいます。

また、飼い主の生活のリズムが変わってしまった時ために、ご飯の時間がズレてしまったり、お散歩の時間やお散歩コースなどが変わってしまった場合などもストレスに繋がり便秘の原因になります。
犬は人間以上に日常の生活リズムを大切にします。
ほんの少しずれてしまっただけでもストレスに繋がりますので覚えておいてください。

運動不足でも便秘になります

犬は運動不足であっても便秘になってしまいます。
犬の人間と同じく運動する事で胃腸の働きを良くする事ができます。

胃腸の働きを良くする事によって副交感神経の働きも活発になり、蠕動運動を促してくれますので排便しやすくなります。
便秘がちな犬の場合には、散歩をしていなかったり、散歩をしていたとしても散歩の距離や散歩時間が足りていない可能性もあります。
また、階段や上り坂などのコースを選ぶのも運動効率を上げてくれますのでおすすめです。

食事でも便秘になってしまいます

犬の便秘は食生活にも関係しております。
ドッグフードばかりであまりお水を飲まない犬は便秘になりやすい傾向にあります。
あまり水を飲まない場合には、食事の度に新しい水に代えたり、ドッグフードにお湯を少しかけるなどの配慮が必要になります。

また、キュウリやレタスなどの食物繊維のある物をドッグフードに加えたり、ササミや骨をとったお魚などを煮出した汁を水で薄めてから与えるなど犬がなるべく喜んで水分を摂取することができるような対策を取る事が重要になります。

PAGE TOP