犬に絶対に与えてはいけない食べ物一覧

犬の食生活

初めて犬を飼う場合には、犬の食べ物についてしっかりと考える必要があります。
身体は食事から作られますので食事のメニューの良し悪しによって犬の健康が良くも悪くもなります。
最近では便利なペットフードが出ているのに合わせて、犬のしつけの時などに喜んで食べるおやつなども販売されております。
犬のおやつの中には非常にカロリーの高い物などもありますので与えすぎると犬の肥満にも繋がります。

また、犬は何でも良く食べるようなイメージがありますが、中には犬が絶対食べてはいけない物という食材なども存在します。
これから犬を飼おうとしている方は、この犬が絶対に食べてはいけない物を確認し、理解しておく必要があります。
家ではドッグフード以外は与えないので大丈夫と思っている方も多いと思いますが、散歩中に拾って食べてしまったり、人間が食事をこぼしたものを食べてしまうようなケースも考えられますのでしっかりと 食べてはいけない物を知っておくのは重要な事になります。

犬が食べてはいけない物

犬が食べてはいけない物の中には食べたら健康に悪いとかではなく、食べたら死ぬ可能性がある物もありますので注意が必要になります。
たまねぎやネギ、ニラ、らっきょう、にんにく、チョコレート、ココア、ぶどう、レーズン、アボカド、などは食べると死に至る可能性がありますので注意が必要になります。

また、食べたから直ぐに死んでしまうような可能性は有りませんが、大量に摂取すると死んでしまう可能性があるものが、生卵の白身やイカ、タコ、人間用のソーセージ、人間用のハム、人間用の牛乳などに代表される乳製品などです。
特にこの中でも牛乳などはカルシウムが豊富なため、健康に良いだろうとおもって与えている飼い主さんも多いのですが、犬にとっては過剰摂取した場合には、体調を著しく崩してしまう可能性があるので控えるようにしてください。
手作りで食事を作っている方の場合には、人間基準で考えてしまう方も多いので注意するようにしてください。

犬が食べてはいけない物を食べてしまったら

もし犬が食べてはいけない物を食べてしまった場合には、二日から三日くらいの間に中毒症状が現れていないかを確認するようにしてください。
心臓の鼓動が早くなったり目が充血したり、目の結膜が白くなったり、ウンチに血が混じっていたり、極度の下痢をしていたり、血便が見られるような場合には注意が必要になります。
このような異常な症状が現れたら、直ぐに動物病院に連れて行って対処してもらってください。
食べた量であったり、犬の体格の大小によって危険度は変わって来ますので、キチンとその犬にあった対処をしてもらう必要があります。

PAGE TOP