犬が長生きする秘訣は毎日の散歩

愛犬を長生きさせる

最近ではペットブームによって本当に沢山の方が犬と一緒に暮らすようになっております。
犬は人生のパートナーとして人生に彩を与えてくれます。
確かに大変な部分も多いのですが、それ以上に魅力的な部分が多いのは犬との共同生活です。
犬は大型犬だと8年程度、小型犬だと10年以上も生きるというのも珍しくありません。

犬の長生きは医療の発展などももちろん関係しておりますが、それ以上に犬に対する人間の理解力が向上しているというのもあります。
犬の長寿は単に長生きするのではなく、なるべく健康的な状態で長生きするのが理想です。
出来れば沢山ご飯を食べたり、一緒に遊んだり、お散歩に行ったりなど健康だからこそ楽しめる事ができる時間が多いのが理想的です。

愛犬を長生きさせる秘訣は散歩にあり

愛犬がいつまでも健康で長生きしてもらうためにはお散歩は理想的です。
お散歩は犬でしたら大抵の犬が好きで、毎日の散歩を心待ちにしている犬もいるなど、ご褒美的な要素が強いイベントになっております。
大型犬なのか、小型犬なのかによっても必要となるお散歩の時間であったり距離などは違いますが、それでもお散歩は有効な有酸素運動ですので、犬の肥満解消であったり、筋肉増強などの効果があるのは間違いありません。

筋肉が付くと言う事は、高齢になった時でも怪我をする可能性を極端に減らす事にも繋がりますし、人間と同様に肥満は様々な病気の元になりますので病気の予防にも効果が高くなっております。
また、散歩中に他の犬に出会って挨拶をする事で若々しさを維持する事にも繋がります。
散歩は犬の健康や長生きさせることを考えた時に最もコストパフォーマンスの高い働きである事は間違いありません。

散歩する際の注意

愛犬に長生きしてもらうためには散歩の注意点などもしっかりと確認しておく事が重要になります。
たとえば、夏などの日差しが強い日にはアスファルトはかなりの熱を持っておりますので、アスファルトが熱いままで散歩をしてしまうと肉球にやけどを負ってしまう可能性があります。
日が落ちてアスファルトの熱が収まってから散歩するか、肉球を守る犬用の靴を履くなどの心遣いが必要になります。

また、犬にとって車通りが多い道であったり、苦手な犬が多い場所などが苦手な犬も大勢います。
そういった場所だとストレスのみが積み重なってしまう場合もありますので、病気になったり寿命が縮まってしまう可能性もあります。
また、散歩が苦手な犬というケースもありますので、犬の体調や犬の行動、犬の表情などをしっかりと参考にしながら健康的な身体で長生きしてもらえるように、犬の散歩を取り入れるようにしてください。

PAGE TOP