「戌の日」って知ってます?

戌の日って知っていますか?

戌の日という言葉をご存知でしょうか?この戌の日は「いぬのひ」という四見方で、12年に一度巡ってくる十二支のように、12日一度巡ってくる日の事です。
11番目に巡ってくる日の事になります。
十二支の十一番目に来る犬に合わせていぬのひと呼ぶようになっているのです。

実はこの戌の日は、妊婦さんに非常に関係している日で、妊娠したら必ず意識するようになっております。
その為、妊娠したら最初にこの戌の日について調べる必要があるのです。

妊婦さんと戌の日の関係性

日本には古くから色々な風習などが残っており、普段気にしなくても要所でそのような風習を日常生活に取り入れるようになっております。
例えばお盆やお正月、四十九日などがこのような風習にあたるのですが、戌の日も古くから伝わっている風習になります。

戌の日は、妊娠五ヵ月目に入った妊婦さんが五ヵ月目の最初に戌の日に、お腹に腹巻を巻いて安産祈願するお参りをする風習になります。
その時代や住んでいる地域によって戌の日の風習は異なります。
戌の日は別名帯祝いともいわれていて安産祈願をする事が多くなっております。
もちろん安産祈願は戌の日でなければいけないと言う事はなく、毎日ご祈祷を受け付けている神社も沢山あります。

なぜ戌の日に安産祈願をするのか

昔の出産は現在のように医療が発達しておりませんでしたので、お産で命を落とす可能性も低くありませんでした。
また子供も生まれてすぐになくなってしまうケースも少なくありませんでしたので、出産は今以上に重要な問題だったのです。
その為、動物の中でも比較的安産で子沢山の犬にあやかろうと戌の日に安産祈願をする風習が広まったと言われております。

また、五か月前では妊婦さんの体調も赤ちゃんの体調も整っていない場合も多く、外出の際に体調不良を起こす可能性もありますので、妊娠五か月以降で最初の戌の日という設定がされているのだと思います。
また、元々犬には悪霊を防ぐという言い伝えがありましたので、狐狸から子供を守るといった理由もあるみたいです。

戌の日にお詣りする服装

戌の日にお詣りする服装で悩んでしまう方も多いと思います。
神様にお祈りするのですから着物でないといけないのかもと思っている方多いのですが、基本的には普段着で大丈夫です。
むしろ着慣れない着物などを着てしまって体調不良になる方が怖いです。

冬の時期には赤ちゃんはもちろん、ご自身も身体を冷やさないようにする事を意識した服装でお出かけください。
安産祈願にはお一人で来られる方も多いのですが、境内には階段のある神社も多いので、できればお友達やご両親、旦那様と一緒に参拝するのがおすすめです。

PAGE TOP