犬の名前ランキング

犬の名付け

犬の名前は重要

犬を飼うならば必ず名前をつけてあげましょう。
そして、常にその名前を呼ぶことによって、犬はその名前が自分のものであることを理解します。
もちろん、犬には名前という概念がそもそもないために本当の意味で理解しているわけではないのですが、名前を呼ばれればエサをもらえたり、遊んでくれたりするために、それが自分のことを呼んでいるのだと学習します。

どのような名前をつけるのかはとても悩んでしまうものでしょう。
たとえば、自分の子供の名前をつけるのと同じぐらい真剣に考える方が多いです。
犬も家族の一員であるため、できるだけ素敵な名前をつけてあげましょう。

覚えやすくて、呼びやすくて、とても可愛らしい名前をつけるべきです。
犬がきちんと聞き分けられるような名前であることも重要です。
そうしないと、犬を呼んだとしても理解してくれない可能性があります。

自分一人で決めるのではなくて、できれば家族と相談をしながら考えるとよいでしょう。
できるだけ色々な人の意見を聞くことによって、素敵な名前を思いつくことができます。
また、他の人がどのような名前を犬につけているのかも大切です。

犬の名前ランキング

犬の名前をつける時の参考になるため、犬の名前ランキングを紹介しましょう。
まず、総合ランキングではココという名前が一位に選ばれています。
漢字の名前としては男の子の場合は空、女の子の場合は花が人気です。

2位はチョコであり、3位はマロンとなっています。
4位はモモで、5位はモコ、6位はハナです。
1位から9位まではすべて二文字の名前となっているため、犬の名前として二文字がとても一般的となっているようです。

二文字であれば呼びやすく、犬もきちんと理解してくれる可能性が高いからです。
7位はソラであり、8位はモカ、9位はレオとなっています。
そして、10位はココアです。

男の子の場合は4位のコタロウという名前が特徴的でしょう。
四文字ですが、昔から犬の名前としてはよく使われているものです。
6位はレオンであり、これはとてもかっこよい名前です。

8位はリクとなっており、これは人間の男の子の名前としても人気が高いです。
女の子の名前として5位にはサクラがあります。
これは人間の女の子の名前としても人気が高く、とてもキレイな名前であるといえるでしょう。

漢字の名前としては、他にも虎太郎や小次郎、茶々丸といったものがあります。
女の子では小梅や姫、杏、小春といった名前があります。
名前はひらがなでもカタカナでも、漢字でもローマ字でも基本的にどのようなものでも構いません。

人間とは異なり基本的に制限は決まっていないのです。
家族の一員として、自分たちの苗字をそのまま犬にも使わせるケースもあります。
名前はよく考えて決めるようにして、後悔しないものにしましょう。

PAGE TOP