室内飼い中の猫が外を見つめる理由って?

外を見つめる猫

猫が外を見つめることがある

猫を室内で飼っているとたまに外を見つめている時があります。
このような様子を見ると、外に出たがっているのではないかと、飼い主が勝手な想像をすることがあります。
けれども、実際には外に出たいと思っているわけではありません。

猫は基本的に飼われている空間を自分のなわばりだと思っており、そこから外を眺めているのは単に暇つぶしをしているだけであるか、敵が来ないのかを見張っているかのどちらかです。
また、窓から見える景色に関しても猫にとっては縄張りの一部となっています。
そのため、きちんと縄張りが守られているのかを確認している行為だといえます。

窓の外というのは縄張りの境界線となっているため、そこから誰かが侵入してくる可能性が一番高いです。
きちんと子猫の頃から室内で飼っている場合には、室内を完全に自分の縄張りだと思っているため、外に出たがらないことがほとんどです。
猫の仕事の一つとして本能的に縄張りをパトロールする習性があります。

なわばりに自分のにおいをつけておくことによって、敵が侵入してこないようにしましょう。
あちこち移動しているのは自分のにおいを確認しているためです。
外から帰ってきた飼い主に擦り寄ってくるのもにおいをつけるためだと考えられています。

もし部屋の中を大掃除してしまうと、猫のにおいが完全になくなってしまうため、猫は一生懸命自分のにおいをつけようとするでしょう。
その様子は温かく見守ってあげましょう。

室内飼いはかわいそうではない

室内飼いをするのは猫にとってかわいそうと考える方がいるかもしれませんが、これは人間の勝手な思い込みです。
室内を自分のテリトリーだと思っており、そこを守る必要は基本的にないため、むしろ室内飼いほど猫にとって幸せな状況はないでしょう。
自分が安心できるスペースと上下空間があればそれで猫は満足します。

中途半端に外に出してしまうと、逆に猫にストレスを与えてしまうことがあります。
そうしてしまうとテリトリーが外にまで広がってしまうため、欲求不満になってしまいます。
環境の適応に上手く対応できなくなる恐れもあるため、室内飼いをするならばそれを徹底するべきでしょう。

外に出ることができないと猫が理解すれば諦めてくれます。
また、猫を外に出してしまうと交通事故にあってしまう可能性があるため危険です。
猫の寿命についても完全に室内飼いをしている個体の方が長生きしやすいというデータがあります。

病気にかかってしまう可能性もあるため、外に出すことのメリットはほとんどありません。
猫を抱っこしたまま外を散歩するのも余計にストレスを与えるだけなのでやめましょう。
運動不足を解消するためには室内でも運動できるような環境を作りましょう。
もしもの時のために迷子札をつけておくことは大切でしょう。

PAGE TOP