愛犬に優しいソフトハーネス

犬の散歩の時には

犬にとって散歩はとても重要なストレス解消の場でもあり、運動不足を解消するために必要なものでもあります。
その為、毎日お散歩するのが一般的となっているのですが、最近では朝と晩の一日二回お散歩している方も増えて来ております。
犬の首は人間の首と違って非常に頑丈にできていますので、首輪にリードを付けてお散歩されている方も多いのですが、勢いよく走りだす犬であたり、まだ体がしっかりと出来ていない子犬のような場合を含めて、体重を首に繋がれた首輪とリードでコントロールされるのは犬にとってかなりの負担になっている事は間違いありません。

犬の首には気管や食道はもちろんの事、甲状腺であったりリンパ、頸静脈、頸椎など生きる上でとても重要な器官が集中している部位でもあります。
強く犬が引っ張った時に甲状腺が傷ついてしまったら重大な病気まで発展する可能性もあります。
その為、最近では首輪に直接リードを付けて散歩する事に対して否定的な方が増えているのです。

小型犬におすすめなソフトハーネス

首に対する影響が心配な首輪とリードの組わせてではなく、より首への負担を減らす事ができるハーネス、その中でも特に負担の少ないソフトハーネスを利用される方が増えて来ております。
このソフトハーネスは、元々犬ぞりなど重い荷物を運ぶ犬が負担の少ないようと使用されていたハーネスを更に負担の少ないように改造した物になります。
一般的なハーネスはナイロンや布で出来ているテープ状の細い物なのですが、ソフトハーネスは胴回り全体を覆うような、ちょうど剣道の胴のような形のハーネスになります。

ソフトハーネスの魅力

ソフトハーネスは、とにかく軽くてつけやすいのが魅力です。
首の下あたりから胸の上くらいまでを優しく包むような形状のソフトハーネスは、前足の前後に通すような形で通して背中でカチンと止めるだけですので非常に着脱が簡単な形状になっております。
布も柔らかい素材で作られておりますので、犬にとっても負担の少ない装着具で、散歩の時なども安心して使用する事が出来ます。

ソフトハーネスの選び方

ソフトハーネスの選び方で重要視して欲しいのが、布の柔らかさと耐久性です。
値段ももちろん大事なのですが、装着して嫌な感じのするソフトハーネスは犬が付けるのを嫌がりますし、耐久性に問題があるようなソフトハーネスですとお散歩中に逃げてしまう可能性がありますので、この二点はしっかりと検討するようにしてください。
また、季節に合わせて夏は涼しい素材であったり、冬は胸部を温かくしてくれる素材の物と使い分けるのがポイントになります。
沢山のメーカーから発売されておりますので、愛犬にとってベストな物を選ぶようにしてください。

PAGE TOP